Complete concentration

厳選された機能

写真撮影に必須な本質的な要素のみを厳選し、その他の機能はすべて意図的に排しています。そのため、「ライカM-D」で設定できるのは、シャッタースピード、絞り値、ISO感度という必要最低限の設定項目のみで、デジタルカメラには必ず搭載されている背面の液晶ディスプレイも排除しています。ミニマルさを徹底して追求することで、「写真を撮る」という本質に集中できるカメラに仕上がっています。

Less technology, more creative freedom

創造力をより自由に発揮

ライブビューや液晶ディスプレイなどの機能をあえて搭載しないことにより、撮影直後に写真の仕上がり確認することなどに気を奪われることなく、目の前の被写体と構図づくりだけに集中できるため、創造力をより自由に発揮しながら撮影できます。

Typical M

M型カメラならではの性能

撮像素子には、他のM型デジタルカメラの現行機種と同様に、高画素2400万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーを採用しています。この撮像素子は、ライカのレンジファインダーカメラ専用に開発されたもので、卓越した描写性能と高感度性能を誇ります。画像処理エンジンには、高速処理が可能な「LEICA MAESTRO (ライカ・マエストロ)」を採用しています。画像の記録形式にはDNG(RAW)形式のみを採用し、撮影後には画像処理ソフトを使ってさまざまなデジタル処理を行うことが可能です。

Unique

ユニークなデザイン

外観デザインでも写真撮影の「本質」= ”das Wesentliche”へのこだわりを実践しており、機能的ですっきりしたフォルムを実現しています。トップカバーは真鍮製で、「ライカM9」のような端に段差のあるトップカバーのデザインを採用しています。また、より控えめな外観になるように配慮したことから、正面には「Leica」の赤いロゴは配していません。さらに、M型フィルムカメラのフィルム感度設定ダイヤルと同様の位置にISO感度設定ダイヤルを装備しています。

Absolute discretion

控えめな存在感

シンプルな外観デザインに加えて、シャッター音でも控えめで目立たない存在感を追求しています。シングルモードでは1秒間に2回の速度でシャッターを切って撮影できます。連続撮影では、「ライカM (Typ240)」や「ライカM-P (Typ240)」 と同様に最大3コマ/秒の速度で撮影できます。

Top