ライカM-A

機械技術の頂点を極める

LEICA M-A, black chrome finish
LEICA M-A, black chrome finish LEICA M-A, silver chrome finish

メカニズムを極めたフィルムカメラ

ライカM-Aは、高精度なメカニズムを備えた純粋な機械式カメラです。無駄を徹底的に省き、撮影に必要な基本的な要素だけを残した設計により、これまでにない新しいクリエイティブな表現が可能です。液晶モニターも露出計もなく、バッテリーさえも必要としませんが、その代わりに高度なメカニズムが凝縮されており、これまでの100年の歴史でライカが培ってきたノウハウの重みを感じることができます。シャッタースピードと絞り値はカメラ本体とレンズで直接設定できるため、被写体だけに集中できます。心地よいシャッター音も、高精度なカメラづくりの技術の高さを裏付けています。

時を経ても変わらない秀逸なデザイン

メカニズムの高精度さと同様に、外観デザインの美しさも時を経ても変わることはありません。正面にはライカの赤いロゴはなく、控えめさを極限まで追求したクラシックなスタイルに仕上げています。奥行がデジタルのM型カメラよりも薄いことも特長のひとつです。

シルバークロームとブラッククロームの2種類のカラー

ボディカラーは、シルバークローム仕上げとブラッククローム仕上げの2種類です。シルバークロームは60年にわたるM型カメラの伝統を受け継ぐクラシックな印象、ブラッククロームは「ライカMモノクローム」と同様のカラーリング で控えめな存在感があります。シルバークロームでは、トップカバーの上面に「Leica」のクラシックロゴを刻印しています。ブラッククロームでは、ホッ トシューに小さく製品名が刻印されているのみで、より控えめなデザインになっています。

M型フィルムカメラと好相性のフィルム「コダック TRI-X400」

ライカMシステムと同様に1954年の登場から60周年を迎えた白黒フィルム「コダックTRI-X400」を付属しています。「コダックTRI-X400」は、優れたシャープネスと粒状性、豊かな階調、きわめて広いラチチュード、そして優れたシャドーディテールの再現性により人気が高いフィルムで、芸術写真やルポルタージュ写真を撮影する際の定番のフィルムです。

Top