© Hiroshi Tamaki

ライカカメラジャパン株式会社は、ライカ松坂屋名古屋店にて2018年1月2日(火)から6月30日(土)まで、人気俳優の玉木宏さんが愛用するライカで撮影した作品を展示いたします。

<写真展概要>
作  家: 玉木宏
会  場: ライカ松坂屋名古屋店
      (名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋名古屋店 北館5F)
期  間: 2018年1月2日(火)- 6月30日(土)

玉木宏さんは、初めて持つライカは誕生年に生産されたものと心に決められていたようで、13年程前に1980年製のバースデイライカ「ライカM4-2」を手にされました。
ご自身の生まれた年に生産された特別なライカということで、いつまでも大事にしたいという気持ちもあり、今でも大切に愛用されています。一眼レフの操作に慣れていた玉木さんは、最初は独特なレンジファインダーに戸惑いがあったようですが、思い通りにいかないところが逆に面白く、満足のいく写真が撮れた時はとても嬉しく思われたようです。「ステイタス感もあり、とても奥が深いライカですが、いい意味で緊張感を与えてくれるカメラです。」と語られています。

今回の作品は、2013年発行の「ライカスタイルマガジンVol.11」 に登場していただいた際に掲載した作品の中から5作品を選出しプリントしたものです。
ライカによる作品をどうぞお楽しみ下さい。
http://www.tamakihiroshi.com/

玉木宏プロフィール
1980 年生まれ、愛知県出身。
1998 年テレビドラマ「せつない」でデビュー。
2001 年「ウォーターボーイズ」で注目を集め、テレビドラマ「のだめカンタービレ」で一大ブームを巻き起こした。
バースデーライカ(1980 年) を持つほどの趣味のカメラが高じて、ジュエリーブランド『TASAKI 』からカメラマンとして写真展の依頼を受ける。
2011 年『TASAKI Timeless Message Photo Gallery』でダイヤモンドをテーマに、2013 年『TASAKI Pearly planet Photo Gallery』でパールをテーマに写真展を開催。
2013 年には主演舞台「ホテル マジェスティック」で、戦場カメラマン “澤田教一” 役を演じ、舞台となったベトナムの写真をロビーに展示。初の作品集になるPhoto Bookも販売した。
その後もドラマをはじめ、映画、CM、舞台と数多く出演している人気俳優。
2018 年には、主演映画「悪と仮面のルール」(1/13 ~ )、映画「ラプラスの魔女」(5/4 ~ )、「ラブ×ドック」が公開。

【ライカ 松坂屋名古屋店】玉木宏さんによる作品を展示

Date
2018.01.02 - 2018.06.30
Location
Leica Store Matsuzakaya Nagoya
Top