(c) Yasuhisa Ishii

ライカギャラリー東京では、医師であり写真家である石井靖久が、医学を背景に構成された脳で自然を捉えた写真展 「細胞の海、神経の森」 を、2019年5月17日から8月18日まで開催いたします。

 

cerebrum, eye, seeing, vision,
cell, tissue, organ, blood, bacteria, virus, nerve, cortex,
water droplets, sea, rain, snow, sand, stone, leaf, tree, forest,
mountain, cloud, sky, ground, earth, space,
micro, macro, human, nature, shadow, light, dusk, dawn,
despair, hope, end, beginning...

 

「細胞の海、神経の森」 vol.1

美しさと儚さを纏った自然の姿が投影された「細胞の海、神経の森」。
「雨や雪の日には、ものがより見えるようになる」という写真家は、
医学という背景をもった視座で、自然からの本質的なメッセージを受け入れ、反応する。
医学、自然、感情、現象などのキーワードが自在に行き来し、水滴は細胞のように、
木や森は神経のように、そして雨や雪は自然とつながる伝達物質に見えてくる。
さらに、作品全体を通して有機的な温度を感じるのは、
写真家の自然や人間に対する畏敬の念からであろう。
「細胞の海、神経の森」は自然写真群の呼称であり、時間とともに細胞のように増え、
森のように育っていく生命体のような、石井靖久の重要な概念の一つである。

何必館・京都現代美術館キュレーター 梶川由紀

写真展 概要
作家: 石井靖久
タイトル:  細胞の海、神経の森
期間: 2019年5月17日(金) - 8月18日(日)
会場: ライカギャラリー東京 (ライカ銀座店2F) 
東京都中央区銀座6-4-1 Tel. 03-6215-7070
展示: ライカで撮影された、ピエゾグラフィー6点とカラープリント8点の14点を展示

石井靖久 プロフィール
1980年、東京生まれ。医師・写真家。
ライカギャラリーロサンゼルスでの日本人初となる写真展をはじめ、欧州や東京で個展を開催。
2018年、染色という医学的手法を用いて写真を再考察した新たなる表現で初の写真集「Staining」を上梓。
医学と写真を重ね見て脳の深層を表現する他に類を見ない写真家。
本写真展開催に伴い、写真集「a sea of cells, a forest of nerves」(bookshop M)を限定700部出版。
Website: www.yasuhisaishii.tokyo  Instagram: yasuhisaishii_tokyo

【ライカギャラリー東京】石井靖久 写真展 「細胞の海、神経の森」

Date
2019.05.17 - 2019.08.18
Location

ライカギャラリー東京

東京都中央区銀座6-4-1

TEL: +81 (0) 3 6215 7070
Fax: +81 (0) 3 6215 7071
Email:
Website: http://jp.leica-camera.com/ライカの世界/世界のライカギャラリ―/ライカギャラリー東京/ライカギャラリー東京

開館時間:
火曜日 - 日曜日 11.00 am - 7.00 pm  月曜日休館
Top