ライカM9 / M9-P / Mモノクローム / M-EのCCDセンサーに関する最新情報

平素より、ライカカメラ製品をご愛顧賜り誠にありがとうございます。

ライカM9、M9-P、Mモノクローム、M-Eの各モデルでCCDセンサーのコーティング層が剥離する事象につきまして、今後の対応をご連絡させていただきます。

2017年8月15日までの期間、本事象が確認できたセンサーにつきましては、改良版のCCDセンサーに無償で交換させていただきます。2017年8月16日以降につきましては、新品の購入から5年以内に本事象が発生した製品につきましては、無償でセンサーを交換させていただきます。

2017年8月16日以降、購入から5年以上経過した製品で本事象が確認できた場合には、お使いのカメラの機能を維持するために、98,604円(税込)のオーバーホール作業と併せてセンサーを交換させていただきます。この作業には1年間の修理保証が付与されます。

さらに、本事象が確認された当該機種をお持ちのお客様には、ライカM(Typ 240)シリーズにアップグレードしていただけるサービスをご提供いたします。アップグレードサービスの内容につきましては、カスタマーケアにお問い合わせください。

なお、上記のCCDセンサーの交換およびアップグレードサービスにつきましては、いずれも上記の対象モデルにおきまして弊社カスタマーケアにて当該事象が確認できた場合のみが対象となります。本事象が発生していない場合や予防としてのセンサー交換につきましては、上記サービスの対象外となりますので、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

カメラ内部には、多くの機械部品が存在し、経年のご愛用でこれら部品が消耗したり劣化するとシャッターの機能に影響を及ぼします。ライカM型デジタルカメラでは、5年前後を目安にシャッターチャージ機構部の調整や劣化した部品を交換するオーバーホールをお勧めしています。

*ライカM型デジタルカメラのオーバーホールには下記の内容が含まれます。

- シャッターチャージ機構部の劣化部品交換と分解清掃
- マルチファンクションホイールの分解清掃
- メインスイッチおよびシャッタースピードダイヤルの分解清掃
- ビューファインダーの距離計調整と簡易清掃
- ベースプレートの開閉つまみの調整
- ベースプレートの保護フィルムの貼り替え
- トップカバー刻印のペイント剥がれ箇所の修正

Discover more

Q&A:
・M型カメラを購入してから5年以上経過しているかどうかは、どうすればわかりますか?

新品でカメラをご購入いただいた日付が適用されますので、購入日付の記載された保証書あるいは購入時のレシートでご確認ください。また、保証書もレシートもお手元にない場合には、カメラの出荷時をシリアルナンバーから確認することも可能ですが、この場合には、ライカカメラジャパンから出荷された日付が適用されることになりますのでご注意ください。なお、海外で購入されたカメラにつきましては、ドイツのライカカメラAGから出荷された日付が適用されます。また、その場合はお調べするのにお時間を頂戴いたします。

・自分の使用しているカメラが、保証で完全にカバーされる期間内のものであるかは、購入日からどの時点が適用となりますか?

本事象についてライカカメラジャパンにご連絡いただいた日付が適用されます。なお、ライカカスタマーケアにて発生している事象がセンサーの不具合によるものであるかどうかを確認させていただきますので、ライカカスタマーケアにカメラ本体をお送りいただきまして、ライカの専門スタッフがカメラを点検するという流れとなります。

・カメラを修理する代わりにアップグレードサービスを利用する場合には、どうすれば良いですか?

アップグレードサービスをご希望の方は、ライカカスタマーケアにご相談ください。

・ライカM10にアップグレードすることは可能ですか?

最新モデルのライカM10は、アップグレードサービスの対象外です。対象機種は下記の通りです。
(2017年8月現在)

- ライカM (Typ 240)
- ライカM-P (Typ 240)
- ライカMモノクローム (Typ 246)
- ライカM-A (Typ 127)
- ライカM(Typ 262)
- ライカSL + L用Mレンズアダプター

Top