ライカMシステム 特別限定モデル

限定の逸品

ライカは、1975年から限定生産の特別なカメラを発表し続けています。これらの比類ないモデルの数々は、アーティスト、写真家、デザイナーやプレミアムブランドとライカのコラボレーションをもとに着想し、作り上げられたものばかりです。こうした伝統に基づき、独自のユニークな特別限定モデルは完璧にマッチした各種アクセサリーとともに送り出されてきました。

特別限定モデルは、いずれもライカの工場で職人が手作業で丁寧に作り上げ、 プレミアムプレゼンテーションセットとしても特別な魅力を放っています。これらの傑出した製品を所有するという他では味わえない体験は、 ライカ限定モデルのセットに合わせて特別に制作されたボックスを開くことから始まります。

LEICA M10-P “ASC 100 Edition”
The M for cinematographers

With the M10-P “ASC 100 Edition”, Leica has created a fitting tribute to the world of cinema on the occasion of the 100th anniversary of the founding of the American Society of Cinematographers.

Founded in 1919, the American Society of Cinematographers is the world’s oldest association for filmmakers, and unites the best cinematographers of our times. Just like Leica, this extraordinary society based in Hollywood has influenced and shaped the way people of all cultures see the world for more than 100 years. In February 2019, the ASC will be presenting its prestigious awards for the 33rd time – an ideal occasion during which to present an exclusive tool for filmmakers: the Leica M10-P “ASC 100 Edition”. 

さらに詳しく
M10-P_ASC+Summicron-M_2_35_TOP_1512-x-1008_f4f4f4
M10-P_ASC+Summicron-M_2_35+Deckel_FRONT-1512-x-1008_f4f4f4
M10-P_ASC+Summicron-M_2_35_FRONT_1512-x-1008-f4f4f4
M10-P_ASC+Summicron-M_2_35_left_1512-x-1008-f4f4f4
M10-P_ASC+Summicron-M_2_35_right_1512-x-1008-f4f4f4

In the early 1919, Oskar Barnack, an enthusiastic cinematographer with a love of photography, felt the need to relieve the burden of using the then cumbersome still cameras. He took the 35 mm strip motion picture film - then exclusively utilized by cinematographers -and used it for capturing individual exposures. Barnack doubled the frame size to a horizontal format of 24 × 36 mm. As he wrote in his notebook at the time, “Mikrokinoeinrichtung fertig für Aufnahmen” (micro cine apparatus ready for filming). This records the invention of “Ur-Leica”, which, in 1913/14, went on to lay the foundations for the development of 35 mm photography as we know it today.

That is one of the stories about how the “Ur-Leica” came to be. The second story goes like this: Oskar Barnack was looking for an instrument with which he could conduct exposure tests for motion picture films. Similar to the situation today, in the early years of the 20th century, it was far from easy to check the visual and technical aspects of a scene before shooting. Back then, cinematographers had to run lengths of costly 35 mm film through their unwieldy cine cameras and develop it in order to determine the correct exposure.

In contrast to this – thanks to his revolutionary “Ur-Leica” – Oskar Barnack needed only a single exposed frame of film to accomplish this result. He further refined his technique, and used a series of bracketed exposures to arrive at an approximation of the ideal exposure value required. While Barnack’s invention of the first 35 mm still camera rang in a new era of photography, the name Leica was to become an inseparable part of the art of creating moving pictures. Today, a further chapter has been added to the love story that began more than a century ago: the Leica M10-P “ASC 100 Edition continues Barnack’s ingenious idea and translates it into modern terms.

The Leica M10-P “ASC 100 Edition” will be the only camera on the market that can recreate the authentic look of the cinema in still pictures. For the first time, it will be possible to reliably and effortlessly assess the look, the subjective “feel”, and framing of a shot.

The set comprises a Leica M10-P camera and a Leica Summicron-M 35 f/2 ASPH. lens and - with its two specially tailored cinema-look mode - is an exclusive professional tool for aiding cinematographers and filmmakers in their search for the truly exceptional visual experience.The two Cine Looks have been developed by Leica imaging quality specialists in collaboration with some of the world’s most influential cinematographers and members of the ASC. While the ASC Cine Classic mode simulates analog 35 mm motion-picture film look, the ASC Contemporary mode delivers the current digital look of contemporary movies.

To make the M10-P “ASC 100 Edition” the perfect tool for professional cinematographers, it will enable users to select from different aspect ratios used in cinematography.Once activated, the corresponding aspect ratios are displayed as a bright-line frame.

The ”ASC 100 Edition” set also includes a Visoflex electronic accessory and a Leica M-PL-Mount. Together with the Cine Looks, and the selectable aspect ratios, this enables the use of the combination as a digital director's viewfinder. The Leica M-PL Mount enables the use of almost all PL mount cine lenses available on the market. The Leica M10-P “ASC 100 Edition” thus provides cinematographers and filmmakers with the ability to view and test scenes with any desired lens before shooting begins. Location scouting can also be made much easier with the aid of the Leica FOTOS App, as the combination of the camera and the App offers the ability to share and discuss results immediately with all parties involved in the filming project.

The modern interpretation of Oskar Barnack’s vision is expressed not only in the unique range of functions offered by Leica M10-P “ASC 100 Edition”, but also in the camera’s design.  Radically reduced to just the essentials, the engravings on its black chrome surfaces are also completely in black.  The technical-functional look is carried forward in the leathering, which is similar to that also found on the Leica SL. The design of the Leica Summicron-M 35 f/2 ASPH. of the set stands in contrast to the camera and reflects the character of the “Ur-Leica”. Its gold-colored anodized finish recalls the brass of the lens of the groundbreaking original and stylishly translates it into present-day gold. The final touch to the look of the Leica M10-P “ASC 100 Edition” is the classic ASC logo on the top plate that seems to disappear in certain lighting conditions.

The Leica M10-P ‘ASC 100 Edition’ will be available from autumn 2019.

Please note: although the masculine form is used throughout this document for the sake of readability, it should be taken to refer to persons of both genders.

ライカ アポ・ズミクロンM f2.0/50mm ASPH. ブラッククローム
ビンテージスタイル

APO-Summicron-M 1:2/50 ASPH. | 1512x1008 BG=f4f4f4
APO-Summicron-M 1:2/50 ASPH. - front | 1512x1008 BG=f4f4f4
APO-Summicron-M 1:2/50 ASPH. + GeLi | 1512x1008 BG=f4f4f4
M10 + APO-Summicron-M 1:2/50 ASPH. | 1512x1008 BG=f4f4f4

1956年に登場したクラシックレンズ、ライカ ズミクロン f2.0/50mm (II)を想起させる「ライカ アポ・ズミクロンM f2.0/50mm ASPH. ブラッククローム」は、鏡胴は真鍮製で、フォーカスリングには特徴的な刻みが入った仕上げになっています。焦点距離とフィート表示の刻印は、丁寧な手作業によってレッドエナメルペイントが施されています。このクラシックな装いの本レンズには、‘Made in Germany’ と刻印されたビンテージスタイルの真鍮製レンズフードと、無垢の真鍮から削り出して作られたレンズキャップがセットになっています。

さらに詳しく

卓越した機能と描写力を誇る、ライカ アポ・ズミクロンM f2.0/50mm ASPH.をクラシックなスタイルに仕上げた「ライカ アポ・ズミクロンM f2.0/50mm ASPH. ブラッククローム」は、世界700本限定での発売です。

ライカ ズマロンM f5.6/28mm マットブラック
マットブラックペイント仕上げ

ライカのクラシックレンズシリーズ「ライカ ズマロンM f5.6/28mm」の特別限定モデルとして、「ライカ ズマロンM f5.6/28mmマットブラック」が登場しました。本モデルに用いられている塗装は、特に耐摩耗性に優れる特殊なペイントで、クラシックなブラッククロームのボディにも良くマッチするマットブラックの外観に仕上げられています。また、レンズの正面から見える絞り値の刻印は、明るく際立つ赤いエングレービングが施されています。

さらに詳しく
M10 + Summaron-M 1:5.6/28 | 1512x1008 ffffff
Summaron-M 1:5.6/28 | 1512x1008 ffffff
Summaron-M 1:5.6/28 - front | 1512x1008 ffffff
Summaron-M 1:5.6/28 + GeLi | 1512x1008 ffffff

「ライカ ズマロンM f5.6/28mm」は、1955年から1963年までウェッツラーのライツ工場で製造されたスクリューマウント式レンズの復刻版と言えるレンズです。長さが2cmに満たない非常にコンパクトなこの広角レンズは、Mシステムシリーズの中で最も小さいレンズとなります。

レンズの性能および仕様は、通常モデルと同様です。この特別エディションは、世界500本限定での発売です。

ライカ ズミルックスM f1.4/28mm ASPH. シルバー
シルバーアルマイト仕上げ

Summilux-M 1.4/28 ASPH. | 1512x1008 BG=f4f4f4
Summilux-M 1.4/28 ASPH. - front | 1512x1008 BG=f4f4f4
M10 + Summilux-M 1.4/28 ASPH. | 1512x1008 BG=f4f4f4

圧倒的な明るさを誇る広角レンズ「ライカ ズミルックスM f1.4/28mm ASPH.」に、シルバーアルマイト仕上げの特別限定モデルが登場しました。このレンズは、開放値の明るい高性能な広角レンズで、シルバーレンズがお好きな方や、シルバーボディのM型カメラをお使いの方におすすめです。

レンズの性能および仕様は、ブラックバージョンと同様です。「ライカ ズミルックスM f1.4/28mm ASPH.」は、世界300本限定での発売となります。

Leica M10-P Edition “Safari”

オリーブグリーンが目を惹く“サファリ” シリーズには、ライカMシステムの歴史においても、長く遡る伝統があります。

初めて高品質なオリーブグリーンペイント仕上げを採用したライカのカメラは、当初は戦地で使用する目的で設計されたものでした。過酷な環境下でも優れた堅牢性と安定性を発揮すると高く評価され、このモデルは瞬く間に世界中に広がることになりました。

さらに詳しく

ドイツ軍のために1960年に製造されたオリーブグリーンペイントの「ライカM1」は、のちにカメラの世界において伝説のモデルとなりました。その後、オリーブグリーンの「ライカM3」と「ライカM4」が軍用モデルとして特別に製造され、さらに一般のユーザーからの高まる声に応えて、1977年にオリーブグリーンの「ライカR3 サファリ」が登場しました。

その後も、「ライカM6 TTL サファリ」(2000年)、「ライカM8.2 サファリ」(2008年)、「ライカM-P (Typ 240) サファリセット」(2015年)などの数々の人気モデルが登場しました。

そしてこの度、機能性とデザインをパーフェクトに融合した新たなオリーブグリーンペイントの特別限定モデル「ライカM10-P サファリ」、そしてそのカメラボディにマッチする同じペイントのプレミアムなレンズ「ライカ ズミクロンM f2.0/50mm サファリ」が登場しました。カメラボディもレンズも目に触れる金属部品は、すべて無垢の真鍮から削り出されています。このオリーブグリーンペイント仕上げは汚れや傷がつきにくく、化学薬品や紫外線などの影響も防ぐことができます。ライカカメラの長い歴史の中でも、伝説的なオリーブグリーンペイント仕上げのレンズの登場は、今回が初めてです。

オリーブグリーンのモデルはライカの長い歴史においても象徴的な存在で、その希少性からコレクターやライカファンの間でも高い人気を誇ります。

特別限定モデル:ライカM10-P サファリ

M10-P-Summicron-Safari-back_1512-x-1008_ffff
M10-P-Summicron-Safari-front_1512-x-1008_ffff
M10-P-Summicron-Safari-top_1512-x-1008_ffff

特別限定モデル「ライカM10-P サファリ」の登場により、歴史的なオリーブグリーンのラインアップに新たなマイルストーンが刻まれました。

オリーブグリーンペイントのモデルは、1960年代から注目を集めるようになり、その優れた堅牢性が評価されて高い人気を博すようになりました。そのオマージュともいえる「ライカM10-P サファリ」の性能と仕様については、通常モデルの「ライカM10-P」と同様です。

さらに詳しく

特別限定モデルの「ライカM10-P サファリ」には、牛革製のキャリングストラップと「ライカ SDカード/クレジットカードホルダー」がセットになっています。上質なコニャックカラーの本革で仕上げたプレミアムなアクセサリーは、特別エディションの美しさをさらに引き立てます。「ライカM10-P サファリ」は世界で1,500台限定です。

「ライカM10-P サファリ」のカメラボディにぴったりマッチする、同じくオリーブグリーンペイントで仕上げた特別限定モデルのレンズも登場します。

ライカ ズミクロンM f2.0/50mm サファリ

ライカの長い歴史においてこの度初めて、伝説的なオリーブグリーンペイント仕上げのライカMレンズが登場しました。

ライカの代表的な50mmレンズのひとつである「ライカ ズミクロンM f2.0/50mm」をオリーブグリーンペイントで仕上げた特別限定モデル「ライカ ズミクロンM f2.0/50mm サファリ」が登場します。「ライカM10-P サファリ」をはじめとする、歴代のサファリカラーのモデルにマッチする、象徴的なカラーのレンズです。

さらに詳しく
Summicron-M2-50-Safari-Linse_1512-x-1008_f4f4f4
Summicron-M2-50-Safari-top_1512-x-1008_f4f4f4

焦点距離とフィート表示の刻印は、丁寧な手作業によってレッドエナメルペイントが施されており、ホワイトの刻印とのコントラストが際立っています。「ライカ ズミクロンM f2.0/50mm サファリ」の性能と仕様については、通常モデルと同様です。

優れた互換性を誇るライカMシステムは、歴代のMレンズをこれまでのM型カメラにお使いただくことができます。特別限定モデル「ライカ ズミクロンM f2.0/50mm サファリ」もまた、1954年以降に製造されたすべてのM型カメラに装着することができ、完璧にマッチした外観で美しさを演出することができます。

ライカM10 EDITION ZAGATO
時代を超越した美の本質

時を経ても色褪せない美しさを実現した特別限定モデル「ライカ M10 Edition Zagato」は、ドイツの卓越したクラフツマンシップとイタリアの優れたデザインの融合により生まれました。

卓越したデザインの「ライカ M10 Edition Zagato」は、さまざまな感覚を強烈に刺激してくれるカメラです。「ライカ M10」では初となる特別限定モデルで、カーデザインのスペシャリストであるイタリアのデザインハウス、ザガートのオーナーのアンドレア・ザガート氏がデザインを手がけました。本限定モデルには、こちらも特別デザインが施された「ライカ ズミルックス M f1.4/35mm ASPH.」がセットになっています。販売数は世界限定250台です。

Details

Leica M Monochrom “Stealth Edition”
with Leica Summicron-M 35 f/2 ASPH.

The Leica M Monochrom special “Stealth Edition” was designed by Marcus Wainwright, founder and owner of the acclaimed fashion label “rag & bone.”

Wainwright is also a dedicated Leica photographer who shoots with various Leica cameras, often in black and white using his M6.

Details

The Leica M (Typ 262)
is now available in a red anodized version

Leica-M_262_Red_APO-Summicron_50_Red_front_1512-x-1008_ffff
Leica-M_262_Red_APO-Summicron_50_Red_top_RGB_1512-x-1008_ffff
Leica-M_262_Red_back_RGB_1512-x-1008_ffff

In December 2016, the APO-Summicron-M 50 f/2 ASPH., the sharpest standard lens of all, became the first Leica lens to be offered in a red anodized version. Now, this lens is followed by a version of the Leica M (Typ 262) in exactly the same fascinating finish.

The edition – as in the case of the APO-Summicron-M 50 f/2 ASPH. – is strictly limited to 100 pieces worldwide. The top plate and the baseplate are machined from solid aluminum and anodized in red.

Leica Historical Society of America – 50th Anniversary Special Edition APO-Summicron-M 50 f/2 ASPH.

2018 marks the 50th anniversary of the Leica Historical Society of America (LHSA). To commemorate the occasion, Leica have produced a special anniversary edition of the APO-Summicron-M 50 f/2 ASPH. The lens has been designed to resemble the Summicron 50 f/2, which was introduced in 1954 together with the Leica M3. Though originally launched as a retractable lens, it was subsequently also available as a rigid version from 1956.

Special Edition APO-Summicron-M 50 f_2 ASPH_2
Special Edition APO-Summicron-M 50 f_2 ASPH_2
Special Edition APO-Summicron-M 50 f_2 ASPH_2
Special Edition APO-Summicron-M 50 f_2 ASPH_2
Special Edition APO-Summicron-M 50 f_2 ASPH_2
Special Edition APO-Summicron-M 50 f_2 ASPH_2
Special Edition APO-Summicron-M 50 f_2 ASPH_2
Special Edition APO-Summicron-M 50 f_2 ASPH_2
Special Edition APO-Summicron-M 50 f_2 ASPH_2
Special Edition APO-Summicron-M 50 f_2 ASPH_2
LHSA_Ambient Shot
LHSA_Ambient Shot

ライカ アポ・ズミクロンM 50 f/2 ASPH. レッド 最高の性能とユニークなカラーリングが融合した、レッドアルマイト仕上げの新モデル

Leica-APO-Summicron-M-red_M-Monochrom_front_960x640
Leica-APO-Summicron-M-red-Monochrom_left_960x640
Leica-APO-Summicron-M-red-Monochrom_right_960x640
Leica-APO-Summicron-M-red_M-Monochrom_top_960x640
Leica-APO-Summicron-M_red_grey-leather-hood_960x640
Leica-APO-Summicron-M-red-front_960x640
Leica-APO-Summicron-red-top_960x640

ライカの標準レンズの中でも世界最高水準のシャープさを誇る標準レンズ「ライカ アポ・ズミクロンM 50 f/2 ASPH.」に、レッドアルマイト仕上げを施した新カラー「ライカ アポ・ズミクロンM 50 f/2 ASPH. レッド」を、世界100本限定で発売いたします。

「ライカ アポ・ズミクロンM 50 f/2 ASPH. レッド」は、ライカストア、ライカブティックで2016年12月発売予定です。

ライカストア&取扱店 ライカストア&取扱店
Top