ライカMシステム 特別限定モデル

限定の逸品

ライカは、1975年から限定生産の特別なカメラを発表し続けています。これらの比類ないモデルの数々は、アーティスト、写真家、デザイナーやプレミアムブランドとライカのコラボレーションをもとに着想し、作り上げられたものばかりです。こうした伝統に基づき、独自のユニークな特別限定モデルは完璧にマッチした各種アクセサリーとともに送り出されてきました。

特別限定モデルは、いずれもライカの工場で職人が手作業で丁寧に作り上げ、 プレミアムプレゼンテーションセットとしても特別な魅力を放っています。これらの傑出した製品を所有するという他では味わえない体験は、 ライカ限定モデルのセットに合わせて特別に制作されたボックスを開くことから始まります。

The latest special edition

Leica-APO-Summicron-M-red_M-Monochrom_front_960x640 Leica-APO-Summicron-M-red-Monochrom_left_960x640 Leica-APO-Summicron-M-red-Monochrom_right_960x640 Leica-APO-Summicron-M-red_M-Monochrom_top_960x640 Leica-APO-Summicron-M_red_grey-leather-hood_960x640 Leica-APO-Summicron-M-red-front_960x640 Leica-APO-Summicron-red-top_960x640

ライカ アポ・ズミクロンM f2.0/50mm ASPH. レッド

最高の性能とユニークなカラーリングが融合した、レッドアルマイト仕上げの新モデル

ライカの標準レンズの中でも世界最高水準のシャープさを誇る標準レンズ「ライカ アポ・ズミクロンM f2.0/50mm ASPH.」に、レッドアルマイト仕上げを施した新カラー「ライカ アポ・ズミクロンM f2.0/50mm ASPH. レッド」を、世界100本限定で発売いたします。

「ライカ アポ・ズミクロンM f2.0/50mm ASPH. レッド」は、ライカストア、ライカブティックで2016年12月発売予定です。

PAST SPECIAL EDITIONS – A RETROSPECTIVE OVERVIEW

grip_by_rolf_sachs_960x640_front

2016: Leica M-P „grip“ by Rolf Sachs

「ライカM-P(Typ 240) グリップ by ロルフ・ザックス セット」は、アーティストでありライカを愛用するフォトグラファーでもある、ロルフ・ザックス(Rolf Sachs)氏とのコラボレーションによる特別モデルです。レンジファインダー式デジタルカメラの「ライカM-P (Typ 240)」と、明るいレンズ「ライカ ズミルックスM f1.4/35 mm ASPH.」がセットになった本モデルは、伝説的なライカのレンジファインダー技術と独創的なプロダクトデザインが融合し、厳選された素材と目を引く色使い、そしてクラシカルなデザインにより、唯一無二の独特な逸品に仕上がっています。本モデルは、世界79セットの限定です。

Read more

mp_grip_by_rolf_sachs_960x640_back

「ライカM-P(Typ 240) グリップ by ロルフ・ザックス セット」は、レンジファインダー式デジタルカメラ「ライカM-P」のブラックペイントボディをベースに、ロルフ・ザックス氏が思い描いたユニークなスタイルを表現しています。今回ザックス氏がボディ外装に採用した材質は、通常卓球のラケットに使用されている素材です。これをカメラのボディに採用することで、シンプルになりがちのカメラの外観にラバートリムの赤が彩りを添えて、目を引きつける外観となり、また同時にこれまでにない触覚に訴える材質で真新しい仕上がりとなりました。

トップカバー上部のパーツのデザインも、ボディ外装にマッチするカラーを採用し、アクセサリーシューやシャッターダイヤル、電源スイッチ、動画撮影ボタンやシャッターレリーズボタンの刻印も、通常の白ではなく、赤でひときわ目立っています。また、トップカバーの背面には、「ロルフ・ザックス」のロゴが刻まれ、特別感を一層高めています。さらに、レンズの刻印も特別感のある赤で刻印されています。

「ライカM-P(Typ 240) グリップ by ロルフ・ザックス セット」は、ブラックのケースにカメラとレンズ、ストラップおよび、フラッシュ「ライカSF 40」がセットになっています。また、ラバー素材を清掃するための専用ブラシと、ボディ外装を清掃するためのクリーニング用高級ブラシがセットになっています。 

「ライカM-P(Typ 240) グリップ by ロルフ・ザックス セット」の性能や技術的な仕様は、通常モデルと同様です。ライカM-Pはレンジファインダー式デジタルカメラの技術的利点を備え、またライカMシステムの特長である優れた耐久性や堅牢性も継承しています。ライカズミルックス M f1.4/35mm ASPH.は、適度に広い画角と自然な遠近感での描写が特徴的な、ライカMシステムの中で最もオールラウンドなレンズです。ボケ味を活かしたクローズアップ写真からハイコントラストの定常光での撮影、無限遠の風景写真まで、さまざまなシーンで優れた描写力を発揮します。

 「ライカM-P(Typ 240) グリップ by ロルフ・ザックス セット」は、2016年11月より一部のライカストアにて発売予定です。

M-P Titan_Front

2016: ライカM-Pチタン

特別限定モデル「ライカM-P(Typ240) チタンセット」は、チタン素材で仕上げられたレンジファインダー式デジタルカメラのライカM-P (Typ 240)と、2種類のレンズ「ライカ ズミクロンM f2/28mm ASPH.」および「ライカ アポ・ズミクロンM f2/50mm ASPH.」がセットになった特別なモデルで、世界で限定333セットを発売いたします。

Read more

Summicron-M 1:2/28 mm ASPH._960x640

「ライカM-Pチタン」は、チタンを素材として作られた5種目のモデルで、ライカM-P (Typ 240)をベースに、トップカバー、ベースプレートおよびダイヤル類が無垢のチタン材から削り出して作られており、洗練された特徴的な存在感を放っています。耐久性と耐摩耗性の優れたチタン材は、ライカM型カメラ特有の堅牢性をより向上させることに加えて、真鍮を使用している通常のライカM-Pに比べて、重量が約90g軽くなっています。トップカバー上部には伝統的な「Leica」のクラシックロゴが刻印されており、アクセサリーシューには限定台数のシリアル番号が刻印された、特別なモデルに仕上がっています。また、手にしっくり馴染む本革のボディ外装と同じくレザーのキャリングストラップが外観にエレガントさを与えています。

明るいレンズの「ライカ ズミクロンM f2/28mm ASPH.」は、コンパクトなサイズでありながら卓越した描写力を備え、ルポルタージュ写真に最適な広角レンズです。開放f値が明るいことから、光の乏しい条件下でも優れた描写力を発揮します。ボディ外観とマッチした印象のチタンアルマイト仕上げで、フォーカスのフィート表示と焦点距離は赤文字(レッドスケール)になっています。「ライカ ズミクロンM f2/28mm ASPH.」では化粧リングに、限定数の番号が刻印されています。

「ライカ アポ・ズミクロンM f2/50mm ASPH.」は、光学設計から素材の選定、緻密で高度な製造方法から最終的な仕上げまで、あらゆる要素が見事なまでに融合した高性能なレンズです。ディテールまでシャープかつ高解像に描き出す優れた描写力が最大の特長です。ボディ外観とマッチした印象のチタンアルマイト仕上げで、フォーカスのフィート表示と焦点距離は赤文字(レッドスケール)になっています。「ライカ アポ・ズミクロンM f2/50mm ASPH.」ではバヨネットリングに、限定数の番号が刻印されています。

「ライカM-Pチタンセット」は、ライカストア、ライカブティックおよび一部の限定店舗で2016年10月発売予定です。

M-P Correspondent

2015: M-P Correspondent designed by Lenny Kravitz

Even as a child, the singer, songwriter and rock star, Lenny Kravitz, was fascinated by cameras. But rather than taking photos, he played with them and he never lost that fascination with them. Later in life, photographers he knew, renewed Kravitz’ acquaintance with cameras – with a Leica. But now, he was already an artist with curiosity and a particular talent for observing the world around him. Kravitz’ design, in the form of a classic reportage camera, is an homage to his first Leica.

Read more

USP-4-LENNY

Each of the125 strictly limited Leica M-P ‘Correspondent’ sets is unique in its own way. The exclusive Leica M-P ‘Correspondent’ set includes two exceptional lenses: a Summicron-M 35 mm f/2 ASPH. and a Summilux-M 50 mm f/1.4 ASPH. An elaborate wearing process performed completely by hand carefully rubs, scuffs and scratches the black enamel finish away in several places, on both the camera and lenses, to let the bright brass surface shine through. Every further touch influences the appearance of the set and begins new, hand-written chapters in the story of their design.

M-P Edition Safari

2015: M-P Edition Safari

The strictly limited LEICA M-P Edition ‘Safari’ is finished in olive green enamel. This unusual special finish has a long tradition at Leica. The first Leica cameras with this finish were originally designed and constructed for use in the field. Their reputation as robust and reliable tools under extreme conditions spread rapidly around the world. Today, this glorious heritage meets cutting-edge technology in an exciting symbiosis for lovers of Leica cameras – the breathtaking LEICA M-P Edition ‘Safari’.

Read more

USP-4_1-SAFARI

Constructed for artists and a work of art in itself. Perfection in every detail is reflected in the superior construction and finishing of the LEICA M-P Edition ‘Safari’. All visible metallic components of the camera and lens are meticulously machined from solid brass. The premium stove enamel finish in olive green makes the LEICA M-P Edition ‘Safari’ resistant to finger marks and scratches and withstands potential external dangers such solvents, chemicals and UV light.

The premium-quality LEICA M-P Edition ‘Safari’ set includes an equally exceptional lens – a Summicron-M 35 mm f/2 ASPH. – and a classic, round, full-metal lens hood. Adding the finishing touches to this superb set are camera high qualitycarrying strap and a case for SD memory cards and credit cards, both crafted from genuine cowhide. The refined and elegant appearance of these cognac-coloured premium leather accessories harmonises perfectly with the olive green of the LEICA M-P Edition ‘Safari’.

M Edition 60

2014: M Edition 60

60 years in focus – at the photokina 2014, Leica celebrated the 60th anniversary of the birth of the legendary Leica rangefinder system with a strictly limited special edition – the LEICA M Edition “LEICA 60”. 1954 saw the launch of the M3, the first Leica M-Camera to feature the fundamental characteristics of the Leica M-System – the ultimate in optical and mechanical precision and an intense focus on the essential parameters required for photography. Today, 62 years later, it is the combination of technical innovation and the undeniable capabilities of a classic camera that make the LEICA M Edition “LEICA 60” so unique and desirable.

Read more

The LEICA M Edition ‘LEICA 60’ concentrates completely on the essentials of photography. In the place of an LCD monitor screen, you will find just an ISO setting dial. All exposures are saved exclusively as RAW files in DNG format. Shooting with the LEICA M Edition ‘LEICA 60’ demands the same care and attention as when working with analogue models, yet its sensor and electronics represent the pinnacle of cutting edge technology. This unique camera allows the photographer concentrate completely on the subject or scene, and savour the instant of capturing a special moment.

The exclusive set comprises a digital Leica M (Typ 240) camera and a fast, Leica Summilux-M 35 mm f/1.4 ASPH. lens. All visible metallic elements of the camera and lens are made of solid, precisely-machined and finished stainless steel – resilience and permanence in equal measure, in an object of enduring value. The silky sheen of the LEICA M Edition ‘LEICA 60’ makes it incomparably desirable. Specially embossed, genuine-leather trim in anthracite adds the final touch to its premium appearance.

Top