ライカM10-R

新基準となる描写性能

Leica M10-R, black chrome
Leica M10-R, black chrome Leica M10-R, silver chrome

線、構造、
質感、光
そして影

ドミニク・フェルフルスト氏がライカM10-Rで撮影

「好んで現代建築を撮影しています。」

それは、建物を構成するディテールや、さまざまな建築群が都市の輪郭を形作る様にいつも魅了されているからです。

「4000万画素のセンサーは、
新たな次元の描写性能をもたらしてくれます。」

写真の撮影後に、建築物の非常に小さなディテールも拡大することができました。また、高いISO設定でも画像ノイズは非常に少なかったので、光量がかなり乏しい環境下でも最高の描写性能を発揮するライカM10-Rは、使っていて楽しかったです。

「ライカM10-Rは
余裕を与えて
くれます。」

この日も緊張せずにリラックスして撮影することができました。このカメラは、自分とのつながりを感じさせてくれます。そのため、シャッターボタンを押すたびに、それがなにか特別なことのように感じるのです。

ライカM10-R

新基準となる描写性能

Top