ライカM10

カメラの真髄

M10, black chrome finish
M10, black chrome finish M10, silver chrome finish

ライカM10:クラフトマンシップから誕生したモデル

Made in Germany

ライカMシステムには60年以上におよぶ歴史があります。技術の進歩によって新世代のレンジファインダー式カメラが誕生時には、ライカの設計者は常にこのシリーズの誕生を通じて新しい技術をいかにベストなかたちで実現できるかを追求してきました。

ライカの主要製品の一つでもあるライカMシステムの設計プロセスには、他のカメラとはまったく異なるアプローチが採用されています。

革新ではなく進化へ

ライカMシステムは、60年以上にわたり継承している伝統的な設計コンセプトに対して高い評価を受けており、同時にそれに対する責任があります。そのため、「ライカM」の設計は「革新」という一過性のものではなく、絶えず「進化」を続けています。

「ライカM10」はこの真の「M」の流れを汲んでおり、M型フィルムカメラを愛用し続けるファンにも、 「ライカM10」が旧知の友のように感じていただけるはずです。

最高品質の素材と 丁寧な手作業

「ライカM10」の特徴的な設計は、芸術の域に達する熟練の製造技術によって常に進化しています。最高品質の素材と丁寧な手作業を通じて、品質を保証する ‘Made in Germany’ の文字が刻み込まれ、日常の利用に適し、どのような状況下でも長期にわたり優れた耐久性を発揮できるようになります。トップカバーとベースプレートは無垢の真鍮から削り出し、40分をかけて手作業で入念に研削・研磨されます。

メカニズムを確実に保護

また、カメラの内部も丈夫なマグネシウム合金製ボディでしっかり守られています。内部のパーツのほとんどは金属製です。

「ライカM10」のボディは高強度なマグネシウム合金製のフルメタルで、トップカバーとベースプレートは無垢の真鍮から削り出しています。また、液晶モニターのカバーガラスには、丈夫で傷がつきにくい「Corning® Gorilla® Glass (コーニング社のゴリラガラス)」を採用しています。さらに、ほこりや水滴からボディをしっかり保護するために、特殊なラバーシールを施しています。

写真撮影の本質へのこだわり

「ライカM10」に使用されている素材や部品はすべて厳選されたもので、長期にわたり耐久性を発揮できるか厳しい品質試験を実施しているため、どんな環境で使用しても長年にわたって変わらぬ信頼性を発揮します。極限の技術および光学精度を備えた「ライカM10」を作り上げるには、50以上の調整ステップが必要になります。真鍮から削り出した30個のパーツ、126本のねじ、17個の光学系パーツを含め、総計で約1100個のパーツが用いられているためです。

組立てプロセスは、レンジファインダーとローラーレバーの接続、センサーやイメージボードの調整、さらにボディ背面のカバーとトップカバーの組み付けまで多岐にわたります。

M型フィルムカメラのような

スリムなボディ

M型フィルムカメラの人間工学的で理想的なサイズの再現を求める声が数多くの写真家から寄せられ、ライカはその願いに配慮し、「ライカM10」にはM型フィルムカメラとまったく同じサイズを採用し、これまでのM型デジタルカメラの中では最もスリムなフォルムになっています。

ライカストア&取扱店 ライカストア&取扱店
Top