フォトグラフィーの
真髄

新しいライカQ2モノクロームでフィリップ・ヴァインマン氏が撮影

「逆説的に聞こえるかもしれませんが、私は白と黒に凝縮して表現することに豊かさを感じます。」

「撮影を通じて
深いところまで自身を
見つめ直し、
奥深くにあるものに
気付くことができます。」

そのために、まず自分が作り出したイメージに対する自分の反応に焦点を合わせるのですが、それを見た他の人からも感情を引き出せたら本当に嬉しいです。

「自分が
モノクローム撮影に
感じている
魅力はどこに
あるのだろうか?」

この撮影スタイルが自分にしっくりくるのはなぜなのか?こうしたことを考えるプロセスは、自分を探す旅のようなものでした。

「ライカQ2モノクロームを
使ってみたら、撮影が
本当にスムーズに
いきました。」

ムダを削ぎ落としたカメラのおかげで、自分の考える構図と光の特性に完全に集中することができました。

Read more about Philipp Weinmann and his work on our Leica Blog

「ノイズのレベルの低さがとても印象的でした。特に、高感度ISO設定値でもディテールを豊かに表現し続けることができるのは非常に素晴らしいと思います。」

ライカQ2モノクローム

Embrace the soul of photography

Top