ライカ Q2

DANIEL CRAIG x GREG WILLIAMS

数多くの受賞歴を誇る俳優のダニエル・クレイグ氏と、イギリスで本格的な映画関連の撮影で最も有名な写真家のひとりであるグレッグ・ウィリアムズ氏とのコラボレーションによる特別モデルが登場しました。ウィリアムズ氏はクレイグ氏が映画『007』シリーズで初めてジェームズ・ボンド役を演じたときから写真を撮り続け、写真に対する情熱も共有してきました。また、両氏はともにライカブランドの熱狂的なファンであり、「ライカQ2」の控え目さ、柔軟性と卓越した描写性能を長きにわたり高く評価しています。このようなつながりから、今回のライカとのコラボレーションが実現し、ラグジュアリーさを感じさせながらも控えめなデザインのユニークな特別モデル「Leica Q2 Daniel Craig x Greg Williams」が誕生しました。

「ライカQ2 Daniel Craig x Greg Williams」の仕様は通常の「ライカQ2」と同様ですが、より高級感のある上品なデザインに仕上げています。カラーリングはブラックとゴールドを基調としており、操作部などに刻まれている文字や数字にはゴールドを採用しています。また、液晶画面の上部には「DC x GW」と「シリアルナンバー」が、下部には「Daniel Craig x Greg Williams」とレーザーで刻印されています。さらに、本体正面の「Leica」のロゴにはライカとしては初めて通常のレッド×ホワイトではなくブラック×ゴールドを採用し、一層の特別感を演出しています。また、レザー外装には洗練されたダイヤモンドパターンが施され、ホールド性が高められています。

「私にとってライカQ2は完璧なカメラで、これ以上改良してほしい部分は見当たりません。今回、ライカの素晴らしいスタッフの方々や私の友人であるグレッグ・ウィリアムズ氏と協力して、このような特別なカメラを生み出す機会に恵まれたことは、大変光栄なことだと感じています。」

ダニエル・クレイグ

最高品質のキャリングストラップは天然植物由来の染料で染色したナパレザーを使用しており、「Leica」のロゴマークがエンボスされています。また、ストラップのリングとカメラボディのアイレットはゴールド仕上げとなっており、カメラのエレガントな装いに溶け込むデザインです。

「『007/カジノ・ロワイヤル』以来、ダニエル・クレイグ氏と私はカメラ愛という共通点で結ばれています。クレイグ氏が撮る写真は美しく、モノを見るセンスが抜群です。そして、ライカQ2は私にとっては体の一部も同然で、四六時中、首からぶら下げています。今回、クレイグ氏とライカのチームの方々と協力してこの特別限定モデルをつくり上げることができたことは、とても感慨深いです。」 グレッグ・ウィリアムズ

DCGW_front-1512x1008
DCGW_front_lenshood-1512x1008
DCGW_back_1512x1008
DCGW_top_1512x1008

ダニエル・クレイグ氏とグレッグ・ウィリアムズ氏は、この特別限定モデルのデザインコンセプトを共に作り上げました。その際に強くインスピレーションを受けたのは、長年使用しているうちにブラックペイントが剥がれた箇所から真鍮地金が顔を出す、ビンテージのM型カメラの外観です。ブラックの外観に控えめなゴールドの要素をプラスした「Leica Q2 Daniel Craig x Greg Williams」は、ライカQ2の近代的で動作も素早く堅牢性にも優れた特長を併せ持ち、オート機能によって優れた使い勝手を実現しながらも、状況に応じてスピーディにマニュアル設定に切り替えることもできます。

ライカストア&取扱店 ライカストア&取扱店
Top