Lens
of Tokyo

コマーシャルフォトや映像制作を中心に幅広く活躍する写真家、南雲暁彦氏がライカSL2-Sと新しいアポ・ズミクロンSL f2/28mm ASPH.を含むSLレンズで東京の魅力を表現しました。

この地にいつか訪れてみたい、そう世界中の人に思ってもらえるように想いを込めて東京の魅力が色めきたつ夕刻から夜にかけて撮影しました。

ライカSL2-Sは高感度特性も良いので、夕暮れ時も感度をAUTO にして⼿持ちで撮影して好きなアングルで撮りまくりました。⼿ぶれ補正の効きも抜群なので思ったように撮影がすすみます。感性が解放される。

プライムレンズのとろけるような開放の描写も、表現したいビジュアルにとてもマッチしました。

ライカ SL2-S

Two worlds. One choice.

Top