ライカCL

夢は大きく、サイズはコンパクトに。

Leica CL, black anodised
Leica CL, black anodised Leica CL, silver anodised

ライカCL URBAN JUNGLE by JEAN PIGOZZI

「ライカ CL URBAN JUNGLE by JEAN PIGOZZI」は、「URBAN JUNGLE(都会のジャングル)」を連想させるユニークなデザインが特徴で、単焦点レンズ「ライカ エルマリート TL f2.8/18mm ASPH.」と丈夫なキャリングストラップがセットになっています。本モデルは、写真家、実業家、アートコレクターなどの多彩な顔を持つフランス系イタリア人のジャン・ピゴッツィ(Jean Pigozzi)がデザインを手がけました。彼の控え目かつコンパクトなカメラへの共感とライカブランドへの愛情が、特別なデザインに色濃く反映されています。

 

優れたデザインが評価され、さまざまな賞を受賞しているロープストラップがセットになった本モデルは、個性を重視する方におすすめです。このカメラを手にして、都会のジャングルを散策しに出かけてみてはいかがでしょうか。

Leica CL Urban Jungle with Jean Pigozzi | 1512x1008
CL_Pigozzi_front_1512 x 1008
CL_Pigozzi_back_1512 x 1008
Bauhaus_CL_1512-x-1008_f4f4f4
Grafik_JoostSchmidt_und_CL_1512-x-1008

無駄を削ぎ落して本質を追求する姿勢は、ライカのプロダクトデザインにも深く浸透している理念です。この基本理念を提唱したバウハウスが設立100周年を迎えたことを記念し、ライカCLの特別限定エディション「ライカCL bauhaus 100周年 edition」が誕生しました。この特別限定モデルは、通常は赤いライカのロゴがブラックになり、ボディ外装のブラックのレザーには控え目に「bauhaus」の文字が型押しされています。ボディにマッチするレザー製のキャリングストラップにも、同様に「bauhaus」の文字が型押しされ、「Form follows function(フォルムは機能に従う)」の思想に基づき、ドイツの製品デザインを象徴するエレガントさをまとっています。

 

「ライカCL bauhaus 100周年 edition」は、単焦点レンズ「ライカ エルマリートTL f2.8/18mm ASPH.」と、「bauhaus」の文字が型押しされたレザーキャリングストラップがセットになっています。本モデルは世界で150台の限定で、カメラのトップカバーには、限定エディションナンバーが刻印されています。

ライカストア&取扱店 ライカストア&取扱店
Top