「ライカS」最新版ファームウェアの提供を開始

ライカカメラ社は、ライカSの最新版ファームウェアの提供を開始いたしました。ライカS(Typ006)の最新版ファームウェア(FW 2.4.1.0)はライカのウェブサイトからダウンロードいただけます。 DOWNLOAD

新機能について

ライカS(Typ006)の最新版ファームウェア(FW 2.4.1.0)は、ライカS発売以後、最も広範な更新内容となっています。最新版ではさまざまな機能の最適化が図られており、カメラとSレンズの性能を著しく向上することができます。今回のアップデートでは、オートフォーカスアルゴリズムのプログラミングを一新し、フォーカシングの速度と精度が向上したほか、AF駆動制御機能がSレンズすべてに合わせて最適化され、連続AFモード(予測AF機能)での予測被写体追跡機能も向上しています。さらに、GPS精度も最適化され、5分以内にGPS信号を取得した場合にのみ、局所座標が画像ファイルに保存されるようになりました。

ライカS(FW 2.4.1.0)およびライカS2/S2-P(FW 1.4.0.0)のファームウェアは新しいポートレート用望遠レンズ「ライカ ズミクロンS f2/100mm ASPH.」にも対応しており、ライカS(Typ006)、ライカS2およびS2-Pのカメラに装着する場合にも機能的に問題なく互換性を維持できます。

Top