ライカカメラジャパン、アフターサービスを強化し、修理品および「Leica Approved Camera」の保証期間を2年に延長

ライカカメラジャパン株式会社は、2019年2月1日より修理品の保証期間を1年から2年に延長いたします。また昨年3月に販売を開始したライカ認定のユーズドカメラ「Leica Approved Camera」の保証期間も1年から2年に延長いたします。

ライカカメラ社は1914年に35㎜判カメラを発表して以来、品質にこだわったものづくりを続けてきました。この度、お客様に安心してライカ製品をご購入いただき、長期間にわたってご愛用いただけるよう、修理品の保証期間を2年間に延長いたします。

昨年3月に販売開始以来、品質に高い評価をいただいているライカ認定のユーズドカメラ「Leica Approved Camera」の保証期間も2年に延長いたします。「Leica Approved Camera」は、ライカカメラジャパンが良好と認めたライカの中古のカメラを、ドイツのライカカメラ社から認定を受けた技術者が、ドイツの本社と同じ測定機器や純正部品を使用して50項目以上に及ぶ点検整備・補修を施したうえで保証を付与した認定ユーズドカメラです。世界のライカストアで初めて、品質の証としてライカ認定証明書を発行しています。

ライカカメラジャパンは本サービスを通じて、お客様が安心して高品質なライカ製品をいつまでも使い続けていただける環境づくりを強化してまいります。

2019年2月1日以降の「製品修理保証」概要
・修理保証期間 :修理・オーバーホール完了後2年間
・適用開始日 :2019年2月1日修理受付分より、修理保証期間2年を適用
・修理保証の対象:同一箇所(あるいは同一部品)かつ、同一症状の不具合が発生した場合に限ります。なお、修理完了、引き渡し後のユーザー責任故障は修理保証対象外です。

※製品の分解をともなわない作業(動作点検、ピント精度点検、センサークリーニング、距離計調整、ファームウェアのアップデートなど)に修理保証は付与されません。
※修理後、同一箇所(あるいは同一部品)かつ、同一症状の不具合が発生した場合には無料で再修理します。ただし、同一症状であっても交換部品が前回修理時と異なる場合には工賃を除いて部品代のみ請求します。

ライカ認定のユーズドカメラ「Leica Approved Camera」概要
ライカカメラジャパンが良好と認めたライカの中古カメラを、ライカカメラ社から認定を受けた技術者が、ドイツの本社と同じ測定機器や純正部品を使用して50項目以上の点検整備を行ったユーズドカメラです。(ライカ認定証明書付)

・種類 :オーバーホールを実施した「Leica Approved Camera」と、オーバーホールに加え、シャッターユニットを新品部品と交換した「Leica Premium Approved Camera」の2種類。
「Leica Premium Approved Camera」ではシャッターユニットを交換することで中古デジタルカメラ特有のショット数の不安を解消しました。

・保証期間 :2019年2月1日購入分より、保証期間2年を適用
・取扱店 :ライカ銀座店ライカプロフェッショナルストア東京ライカ京都店ライカオンラインストア

Top