(c) Ryoma Kashiwagi

ライカとアウディのコラボレーション作品展「Hyper Monochrome RS exposition Audi | Leica」開催

ライカカメラジャパン株式会社は、ともにドイツのエンジニアリングを牽引するアウディジャパン株式会社とコラボレーションし、作品展「Hyper Monochrome RS exposition Audi | Leica」を2021年2月26日(金)から 3月31日(水)まで開催しています。
 
本作品展では、アウディジャパンが南青山に開設している次世代型ブランドストア「Audi House of Progress Tokyo」を会場に、デビュー以来ライカのカメラで写真を撮り続けているイメージコンセプターの柏木龍氏がAudiのラインアップの中で最もスポーティーでラグジュアリーなAudi RS モデルをライカで撮りおろした作品を展示しています。レースという過酷な舞台でマシンやドライバーを撮り続けてきた柏木氏ならではの独自の視点で切り撮ったAudi RS モデルの魅力が写し出されており、Audiのパフォーマンスや先進性を視覚的に体感することができます。
 
今回の作品展は、Audi designによる無駄のない優美な造形とライカならではの表現技術、そして “Made In Germany” のクラフトマンシップが凝縮されたシステムカメラ「ライカTL2」のみを使用して撮影されました。
 
さらに、本作品展で Audi RS モデルのパフォーマンスや洗練性を表現するために、元F1ドライバーでAudi R8 LMSでもレース参戦経験がある中野信治氏をドライバーとして起用して撮影に挑んでいます。
 
会場には、大判プリントだけでなく、車両やカメラに使用されている素材であるアルミやカーボンに画像を焼き付けたものなど、独自の表現法を駆使した作品も展示しています。
 
また、会場内に設置されたプレートに印字された専用のQRコードを読み込んで、展示作品のデータなどをその場でダウンロードして持ち帰っていただくこともできるなど、柏木氏の作品をより身近に感じられるコンテンツが用意されています。
 
 
Hyper Monochrome RS exposition Audi | Leica
会場: Audi House of Progress Tokyo
東京都港区南青山5-3-2  https://www.audi.jp/progress/audi brand store/
会期: 2021 年 2 月 26 日(金) ~ 3 月 31 日(水)
営業時間: 平日 11:00(土日祝 10:00 )~ 20:00 /期間中定休日なし
入場料: 無料
 
柏木龍馬 プロフィール
1976年 4月20日、静岡生まれ 。写真家 故・奥村嘉邦に師事 。Newsweek 誌、NATIONAL GEOGRAPHIC誌を経て、フランス・パリのギャラリー LWS/PHOTO 4 との専属作家契約を持つ。現在はFIA WEC 世界耐久選手権やル・マン24 時間レースをメインに、レーサーたちのヒューマンドラマを追っている。作画は全て、ライカTL2とアポ・ズミクロンM f2/50mmで行う。ライカGINZA SIXなどにて作品展を実施。

Top