ライカ Q2 "007 Edition"

シリーズ最新作となる第25作目を記念

ライカより、ジェームズ・ボンドの活躍を描くスパイアクション映画『『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』の公開を記念した“007 Edition”のコラボレーションモデルを発表。エクスクルーシブな写真展も開催

ジェームズ・ボンドの活躍を描くスパイアクション映画「007」シリーズの最新作となる第25作目『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』公開を記念して、「ライカQ2 “007 Edition”」を発表いたします。本製品は、販売数が世界限定250台の特別限定モデルです。ライカならではのミニマルなスタイルと、「007」シリーズの主人公ジェームズ・ボンドを想わせる控えめなエレガンスが息づく逸品です。

スパイのミッション遂行に相応しい控えめでスタイリッシュなカメラ

Productimage-Slider-1
Productimage-Slider-2
Productimage-Slider-3
Productimage-Slider-4
Productimage-Slider-5
Productimage-Slider-6

外観のデザインでまず視線を集めるのが本体のトップカバーに配されたアイコニックな“007”のロゴと、レンズキャップにあしらわれた「007」シリーズのオープニングで知られるガンバレル(銃口)のモチーフです。シリアルナンバーが1台ごとに刻印され、コレクターズアイテムとしての価値も高まることが予想されます。

さらに、イギリスのラグジュアリーなスーツケースのブランドであるグローブ・トロッターのケースもセットになっています。今回のために特別にカスタマイズされたハンドメイドのケースは『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』本編に登場予定のグローブ・トロッター限定コレクションから着想を得たものです。カメラ本体とケースには、いずれもオーシャングリーンカラーのレザーが採用されています。

"フォトグラファーはそれぞれが独自のスタイルを持っていますが、ライカのカメラを使っていると共通言語をもつ仲間かのように感じられます"

マイケル・G・ウィルソン

ライカとイギリス映画界屈指のロングシリーズである「007」とのパートナーシップは本編や製作の舞台裏にも及んでおり、ライカのカメラが大きな役割を果たしています。<i>『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』</i> には、ライカと映画の製作チームがタッグを組むことにより、ライカのカメラが小道具として登場。ジェームズ・ボンドが暮らすジャマイカの自宅にはもちろんのこと、登場人物の一人であるQのロンドンの自宅にも「ライカQ2」 が置かれています。

Image 1 © Greg Williams.
Image 2 © Greg Williams
Image 3 © 2020 Danjaq

「ライカQ2 “007 Edition”」は、2021年9月9日よりライカギャラリー ロンドンにて開催される写真展「No Time to Die – Behind the Scenes」のオープニングに合わせて発表されます。この写真展は、ライカのカメラで<i>『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』</i> 製作の舞台裏を撮影した作品を一堂に会したエクスクルーシブな展示となります。展示作品の撮影を手掛けたのは、マイケル・G・ウィルソンをはじめ、ジェームズ・ボンド役を務める俳優のダニエル・クレイグ、そして著名な写真家であるニコラ・ダヴとグレッグ・ウィリアムズ。展示作品数はウィルソン自らがキュレーションを行い、厳選した25点となります。
 マイケル・G・ウィルソンにLeica Camera Blog(英文)で撮影に対する情熱を語っていただきました。

Leica Camera Blog

© 2021 Danjaq and MGM. NO TIME TO DIE, 007 Gun Logo and related James Bond Indicia

© 1962-2021 Danjaq and MGM. NO TIME TO DIE, 007 Gun Logo and related James Bond Trademarks are trademarks of Danjaq. All Rights Reserved.

ライカストア&取扱店 ライカストア&取扱店
Top